【書評】生涯投資家(著者:村上世彰)

  • 2018年5月20日
  • 2021年6月16日
  • 書評

私が最近読んだ本の紹介です。村上ファンドを率いた村上世彰氏著者の本「生涯投資家」です。

この本では本来の日本企業のあるべき姿を追求して同氏が投資活動をしてきた内容が書かれています。日本企業はこれまで、投資家のための利益還元が乏しく資金を貯め込んでいるでいることを指摘しており、同氏が敵対買収をしかけることで資金循環を促し経済活性化に寄与してきた姿が想像できます。

私も長年投資家として株式投資を行っていますが、日本企業も外国人の機関投資家の参入により株主のための経営に変わりつつあると実感しているこのごろで、今後の投資先の選定のヒントになるだけではなく、事業経営をする場合のヒントが多く隠されている本です。

お近くの書店で見かけた際はぜひ手にとって見てはいかがでしょうか。

生涯投資家 村上世彰(著)
¥1,836

Amazonで買う