【書評】投資で一番大切な20の教え(著者:ハワード・マークス)

私が読んだ本の紹介です。日本経済新聞出版社の「投資で一番大切な20の教え(著者:ハワード・マークス)」です。

株式投資をしている方に、おすすめな本ですが、投資をするからには誰しもリターンを得たいと考えて投資を行います。ただ、株式投資は得られるリターンは高いものですが、その反面、リスクも大きいものです。

株式相場も好調なときもあれば、低調なときもあります。株式相場が不安定な状況下にあっても、損失を最小限に抑えリスクを限定的にし、パフォーマンスを維持する方法を伝授しています。

ただし、当書は投資のノウハウを記載した本ではなく、あくまでも投資を行うに当たり考え方を記載したものです。ここに書かれた考え方を身につけるだけで、相場がどのように動こうが冷静になって状況を把握し適切な行動ができるようになるのが狙いです。

また、米国の著名投資家であるウォーレン・バフェット氏も当書を大絶賛しており、同氏が率いる投資会社であるバークシャー・ハザウェイの株主総会で配布も行われているとのことです。

当書の著者であるハワード・マークス氏は、投資ファンドであるオークツリー・キャピタルの創業者で運用資産残高が約800億ドル規模を誇る巨大ファンドを運営しています。

同氏のこれまでの基調な投資経験を取得できる基調な書籍です。常に机の取り出しやすいところにおいておき、投資の判断に迷ったときに、状況に応じて読み返したい一冊です。

投資で一番大切な20の教え ハワード・マークス(著)
日本経済新聞出版社
¥2,160

Amazonで買う

お問い合わせ

当方では、金融機関様、金融メディアを運営者様向けにこれまでの投資経験やノウハウ、経済関連に関するコラムの執筆の協力、メディアへのインタービュー協力も行っております。執筆やインタービューのご要望につきましては、以下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせはこちら

 

関連記事

シェアハウス問題と不動産店爆発事故にみる日本の不動産業界の問題点

投資格言「人の行く裏に道あり花の山」の考え方

相場格言「遠くのものは避けよ」の考え方

日本経済は2020年に転機が訪れる?80年に一度の大変動で変わること

【書評】ESG投資 新しい資本主義のかたち

パナソニックミュージアムを見学してきました。