2019年度年頭のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。旧年中は格別のご高配を賜り、心より感謝申し上げます。

旧年度は日経平均株価が2万4,000円台とバブル崩壊後27年ぶりに最高値になったかと思えば、米国の利上げや貿易摩擦の懸念などにより2万1000円台をつける、更に、12月には一時1万9,000円台をつけるなど大変不安定な相場となりました。

旧年度は干支として「戌」でありますが、「戌笑う」という相場格言の通り、株式相場も顕著に推移することが予想されていましたが、海外の出来事に振り回されたこともあり、「戌笑う」の相場格言通りとは残念ながらなりませんでした。

今年は「亥固まる」となりますが、貿易摩擦の懸念が晴れておらず、引き続き不安定な相場が続くものと予想され、しばらくは日経平均株価は2万円前後で推移するものと考えられます。

昨年は、年末のご挨拶でも増えましたとおり、公式サイトの公開をしたと同時に、多くの方に投資の魅力と資産運用のお手伝いをすべく投資情報サイトを開設いたしました。今後も、関係者の皆様方に透明性のある事業活動をしていく所存です。

また、投資活動についても、しばらくは方向性が不明瞭な状況が続くことが予想されますが、人工知能(AI)やIoT、自動運転、フィンテックといった、将来的に有望な技術分野への積極的な投資を行うとともに、豊かな未来を作る支援を継続していきたいと考えています。さらに、新たな分野として、不動産分野への投資も開始したいと考えています。

大山阿夫利神社本殿(筆者撮影)

私事ではございますが、新年は神奈川県伊勢原市の大山阿夫利神社へ初詣に行ってまいりました。今年の相場上昇を願ってまいりました。

また、毎年おみくじを引くのが恒例となっておりますが、昨年のおみくじは「吉」であり、「相場」の項目には、「変動する、手を打て」との記載がありました。まさに、記載通り昨年はまさに記載された通りに手を打つべき相場環境だったと言えます。

今年のおみくじを引きましたが、結果は「大吉」という結果になりました。ただし、なぜか項目内容が昨年と異なり、「相場」項目がなくなっており「金運」の項目が新たに記載されていました。そこには、「思い切って大きな買い物をするのも良い」との記載がありました。

ここから一つ言えるのが、2019年も引き続き相場は不明瞭な状況が続くと思われますが、割り安になったタイミングで、思い切って投資するタイミングであると判断をいたしました。

本年度も引き続きよろしくお願い申し上げます。

関連記事

ホームページをリニューアルしました!

投資情報サイト名称変更のお知らせ

公式ホームページを公開しました!

2020年度年頭のご挨拶

投資情報サイト「Takamichi Investments」を開設しました。