2022年8月度投資運用実績の報告

2022年8月度の投資運用実績が纏まりましたので報告いたします。8月度は経済成長の鈍化を市場では折り込み、再び株式が買われる動きが目立っていましたが、8月下旬にFRB議長のパウエル氏により、利上げ継続を示唆したことで、これまで市場で織り込まれていた利下げ論は一気に吹き飛び、再び株価が売られる動きが加速しました。また、為替も対米ドルで1ドル140円を記録するなど円安も更に加速しています。この様な状況の中、当運用実績は先月に比べわずかに下落して終えました。

2022年8月度の株式相場を振り返り

2022年8月度の株式相場は、投資家にとっては非常に厳しい市場環境になったといえます。先月の7月より経済成長の鈍化を折り込み、金利動向などがわずかに下がる傾向を見せている中、ここが利上げの山場を迎えると多くの投資家が見据えている中で株式などのリスク資産が買われる動きが進んでいました。

しかしながら、8月下旬に米FRBのパウエル議長により、利上げについて継続する意向を示したことで、これまで市場が織り込んでいた内容が全て、吹き吹き飛び、これまで買われていた株式などのリスク資産が一気に売られ始めました。

さらに、金利差を意識して日本円対米ドルで一気に円安が加速し、1ドルあたり140円を突破するなど、プラザ合意前の約30年ぶりの円安水準を記録しています。下記記事でも記載していますが、日本の中央銀行である日銀の黒田総裁は利上げには非積極的であり、低金利水準が続く中、円を売ってドルを買う動きが加速しているのが要因としてあります。

関連記事

為替レートが円対米ドルで2022年9月1日に1ドル140円を記録しました。これは1985年9月のプラザ合意前の水準であり急激な円安が進行していることが伺えます。一昔前までは為替が円安に推移すると日本経済にとってはプラスの影響があるとされてい[…]

過去2年間の日経平均株価の値動き

この様な状況の中で、2022年8月度の日経平均株価の終値は、2万8,091円53銭で取引を終え、先月に比べ1%上昇となりました。

過去2年間のダウ工業株30種平均株価の値動き

米国のダウ工業株30種平均株価の終値は、3万1510ドル43セントで取引を終え、先月に比べ4.23%の下落となりました。

過去2年間のナスダック総合指数の値動き

過去2年間のS&P500指数の値動き

ハイテク銘柄が多いナスダック総合指数の終値は、1万1816.20ポイントで終え、先月に比べ4.86ポイントの下落となりました。S&P500指数は3955ポイントで終え、先月に比べ4.43ポイントの下落となりました。

保有銘柄一覧

2022年8月度の保有銘柄は、Microsoft(MSFT)を中心に7銘柄を保有しています。今月は保有銘柄(ポートフォリオ)の大幅な見直しに着手いたしました。近々新規事業を計画していることもあり、以下の記事で記載した通り、銀行からの資金調達と合わせて、株式の売却などで資金を捻出すること決定したことから、4銘柄を売却しました。

関連記事

今回事業拡大に備えて事業資金を日本政策金融公庫と地元信用金庫の2行から調達することができました。私は会社員をしながら今の事業を立ち上げたのですが金融機関から資金調達は初めての経験であり、以外にも資金調達は経営者にとって大変な仕事であることを[…]

見直し銘柄としては、配当金の支払いが無い銘柄、運用成績が10%未満であることなどを条件に算出した結果、計測機器のKeysight Technologies(KEYS)、阿里巴巴集団(9988.HK)、小米(1810.HK)、Infineon Technologies(IFX)を売却しました。

阿里巴巴集団(9988.HK)と小米(1810.HK)の、中国株2銘柄は50%以上とこれまでの投資事業を行ってきた中で過去最大の損失が出ていたことで、これまで高運用成績を出していたKeysight Technologies(KEYS)を売却することで損益通算を行いました。ただ、今回の中国株の投資割合は低かったことから、大きな傷にならずに済んだのは不幸中の幸いであると考えています。

関連記事

中国が世界に与える経済的な影響力は日に日に増しています。一昔前までは中国は著しい経済成長を遂げ中国が世界を牽引する時代もやってくると予想されており、世界の経済活動においても中国無しでは回らない状況となっています。しかしながら、2018年以降[…]

投資先業種

2022年8月度の投資先業種は、情報通信が37%、電子機器が24%、金融が18%、半導体が13%と続いています。前述した通り、4銘柄を売却しましたが、売却した銘柄の投資金額は1銘柄あたり数百万円とさほど大きくないことから、全体としての割合の変化は僅かにとどまっています。

投資運用実績

2022年8月度の投資運用実績は、先月に比べ1%下落の33%となりました。前述した通り、米国株が4%以上下落したことでその影響を受けましたが、米国株1銘柄、中国株2銘柄、欧州株1銘柄を売却したタイミングも、パウエル議長の発言前の段階であったため、その後の大きな下落の影響を受けずに済んだという理由もあります。また、米国株は下落していますが、為替が円安が進んでいることで為替差益も大きく積み上がっていることも、運用成績を下支えしていると言えそうです。

これまで米国に偏っていた投資リスクを解消すべく、世界的な分散を進めている最中ではありましたが、中国国内の政治情勢やロシアによるウクライナ侵攻など、これまでに無い投資環境となっている昨今、現状で分散投資は加速若干困難である状況と判断し、ひとまず米国株を中心に守りを固める方針に運用に戻すことになりそうです。