Takamichi Yoshikawaについて

Takamichi Yoshikawaの公式サイトへのご訪問誠にありがとうございます。

私は国内外の個別株を中心に長期保有で運用しています。個別株の他、外国為替証拠金取引(FX)や投資信託、上場投資信託(ETF)など数多くの投資商品を手がけてました。

投資との出会いは大学時代で当初は外国為替証拠金取引(FX)からはじめ、投資信託や株式投資へと手を広げて参りました。現在では、個別株への株式投資を中心に長期保有で運用しています。私は子供の頃から社会科が好きで経済やお金のことに興味を持っていたのも投資活動に通じているものがあると感じています。

ただし、社会科が好きでは有りましたが、高等学校以降は理系の道に進みます。コンピューターに出会って以来、テクノロジーの仕組みに興味を持ち、将来的に社会を大きく変えることになると痛感したことで、コンピューター関連の企業で働きました。これまでの仕事と投資の経験を生かして、以下の投資活動における運用理念で掲げております、テクノロジー分野を中心に投資を行っています。

投資活動を詳しく見る

事業理念

事業理念は「投資を通じてよりよい社会へ」です。

これまで多くの日本人の資金の運用方法として「貯蓄」をすることが当たり前として言われていました。確かに、最低限のお金は手元に保管しておく必要はありますが、現状としてお金を貯めこむ人や企業が多く資金循環が活性化しておらず、日本の経済成長の足かせとなっているのは事実です。

また、近年では企業においても、バブル崩壊やリーマンショックといった大不況の経験より、お金を内部に貯めこむ企業が増えてたのも事実です。ただし、安倍内閣が発足して以降、アベノミクスにより企業業績の回復とともに株価は上昇し、個人でも株式に資金を振り向ける動きも目立ってきています。

さらに、日銀の黒田総裁は物価上昇率2%を目標としている通り、デフレを脱却しインフレが加速していることからお金の価値が下がり、お金を手元に置いておくことがリスクとなります。

そこで、私は株式投資を通じて世の中にお金を供給して企業成長を後押しし、社会全体的な活性化につなげていければと考え投資活動を本格的に行うに至りました。

また、私がこれまで行っていた株式投資の経験をより多くの皆様に還元することで、一人でも多くの皆様が株式投資に興味を持ってもらい、投資を始めるきっかけづくりを行い、世界経済が持続的な成長につながるように活動して参ります。

自己紹介

氏名 吉川隆道(英文:Takamichi Yoshikawa)
居住地 神奈川県
趣味 読書、散歩
好きな投資格言  人の行く裏に道あり花の山
活動内容 ・国内外の個別株への投資
・投資情報サイトを通じた投資情報の発信
・金融機関や外部金融メディアへの執筆
お問い合わせ お問い合わせフォームよりお願いいたします。